ごあいさつ

東京都たばこ商業協同組合連合会
会長 水谷 章道
〒105-0014 東京都港区芝3-2-12
TEL:03-3453-6346 FAX:03-3453-6334

わたくしたちは、東京都内のさまざまな街角にある「たばこ屋」の組合の連合組織です。傘下に12組合ありまして、都内約3,400のお店が加盟いたしております。「たばこ」というユニークな嗜好品が日本に入ってきて500年、喫煙という習慣は急速に広まり、江戸時代には「たばこ道」なども生まれ、日本人のくらしの中に欠かせない「大人の嗜好品」として定着してきました。

時代は移り、「きざみ」から「両切」「口付き」へ、さらには「フィルター付」たばこへとお客様の嗜好は変化してきましたが、わたくしたち「たばこ屋」もお客様とともに歩んでまいりました。わたくしたちは「たばこ」の小売を通じて、愛煙家のみなさまにホッとするひとときを提供する役割を心からの喜びとし、誇りとしてきました。

最近、「たばこ」をめぐっては、喫煙と健康問題や未成年者の喫煙問題、さらには吸殻の投げ捨て問題等愛煙家にはかなり風当たりが強くなってきております。時代の変化の中で、色々なご意見やご主張には真摯に耳を傾け、対処していかなければならないと考えておりますが、「たばこ」の500年という歴史、2,000万人もの愛煙家の存在を無視し、「たばこ」の負の面のみ強調した風潮、「たばこ」不要論などの議論は残念でなりません。

もっと「たばこ」のこと、愛煙家のこと、わたくしたちの考えや活動を広く知っていただきたい。 そんな思いから、インターネットにわたくしたちのホームページを開設し、傘下の単位組合の組合員さんはもとより、愛煙家、「たばこ」に関心をお持ちのすべてのみなさんとコミュニケーションがはかれる機会、場を設けることとしました。

今後は、わたくしたち小売業界のことばかりでなく、ここに来ると「たばこ」のことがよくわかるサイトにしていきたいと考えております。是非、今後ともこのサイトにご支援、ご愛顧を賜り、「たばこ」に関する貴重なフォーラムに育てていただきたいと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

東京中央たばこ商業協同組合

東京中央たばこ商業協同組合

理事長 秋山 平三郎
所在地 港区芝
組合員 331名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和25年2月28日に芝煙草商業協同組合創立総会を開き、港区芝赤坂3番地に事務所を設ける。
昭和33年2月事務所を現在地に移転。
昭和61年9月1日名称を「東京中央たばこ」と改称。
東京東部たばこ商業協同組合

東京東部たばこ商業協同組合

理事長 唐川 和夫
所在地 墨田区横川
組合員 471名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和23年12月9日に本所たばこ商業協同組合創立総会を開き、墨田区横川橋1-3番地に事務所を設ける。
昭和25年12月20日事務所を現在地に移す。
昭和33年6月21日名称を「東京東部」と改称。
江戸川葛飾たばこ商業協同組合

江戸川葛飾たばこ商業協同組合

理事長 黒田 裕之
所在地 江戸川区中央
組合員 414名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和24年6月に江戸川たばこ商業協同組合創立総会を開き、江戸川区小松川江戸川販売所内に事務所を設ける。
昭和33年10月現在地に事務所を移す。
昭和61年5月21日名称を「江戸川葛飾」と改称。
平成27年6月22日事務所を現在地に移転
足立荒川たばこ商業協同組合

足立荒川たばこ商業協同組合

理事長 水谷 章道
所在地 足立区千住
組合員 379名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和24年1月26日に足立たばこ商業協同組合創立総会を開き、足立区千住旭町52番地に事務所を設ける。
昭和25年10月事務所を足立区千住河原町57番地に移転。
昭和43年5月名称を「足立荒川」と改称。
昭和32年3月事務所を現在地に移す。
昭和59年1月事務所を改築。
事務所を2度移転し、平成29年1月27日事務所を現在地に移転
渋谷たばこ商業協同組合

渋谷たばこ商業協同組合

理事長 榎本 善守
所在地 渋谷区南平台町
組合員 352名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和23年9月29日に世田谷煙草組合を解散、同日世田谷たばこ商業協同組合創立総会を開き、世田谷区三軒茶屋257番地に事務所を設ける。
その後同区三軒茶屋の世田谷販売所構内に事務所を移転
昭和25年渋谷出張所の所轄区域変更に伴い、小石川・芝両組合に所属していた渋谷区域を吸収し、更に同年12月には荏原組合所属の目黒区の一部を吸収。
昭和26年5月組合事務所を専売公社渋谷出張所構内に移し、同時に名称を「渋谷」と改称。
昭和42年5月事務所を現在地に新築。
大田たばこ商業協同組合

大田たばこ商業協同組合

理事長 山田 幸雄
所在地 大田区大森西
組合員 414名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和26年4月、支所統廃合により品川、荏原両支所が廃止となったため、両支所管内にあった品川、荏原両組合が合併して同年4月28日、大田たばこ商業協同組合を創立し、大田区大森西2-79番地に事務所を設ける。
昭和40年4月21日現在の地番に変更となる。
北豊島たばこ商業協同組合

北豊島たばこ商業協同組合

理事長 國保 征子
所在地 豊島区東池袋
組合員 160名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和25年2月25日に滝野川たばこ商業協同組合創立総会を開き、北区滝野川6-28番地に事務所を設ける。
昭和32年7月事務所を板橋出張所構内に移転。
同年5月名称を「北豊島」と改称。
昭和41年11月事務所を現在地に移す。
板橋練馬たばこ商業協同組合

板橋練馬たばこ商業協同組合

理事長 湯山 茂
所在地 練馬区桜台
組合員 278名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和24年5月27日に板橋たばこ商業協同組合創立総会を開き、板橋区成増町133番地に事務所を設ける。
昭和44年5月名称を「板橋練馬」と改称。
昭和52年8月事務所を板橋区大山西町に移す。
平成22年6月事務所を現在地に移す。
新宿文京たばこ商業協同組合

新宿文京たばこ商業協同組合

理事長 塩田 孝二
所在地 文京区本駒込
組合員 261名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 明治37年の専売発足直後に前身のたばこ小売店同業協同組合発足。
昭和23年10月に小石川たばこ商業協同組合創立総会を開き、小石川区江戸川町1番地に事務所を設ける。
昭和25年5月神田地区が小石川組合から分かれて独立組合を結成。同年7月支所統合により小石川組合所属の渋谷・下谷地区が渋谷・本所両組合に吸収される。
昭和25年12月新宿区新小川町に移転。
昭和45年事務所改築のため文京区後楽に仮移転し、同年7月新小川町に戻る。
平成元年6月28日名称を「新宿文京」と改称。
平成9年3月新宿区改代町に移転。
平成25年6月現在地に移転。
中野たばこ商業協同組合

中野たばこ商業協同組合

理事長 森岡 和夫
所在地 中野区中央
組合員 104名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和26年12月小石川出張所の所轄下にあった杉並組合の一部地区(杉並区)が武蔵野出張所に所轄替えとなり、これを機に中野地区が杉並組合から分かれて昭和27年4月8日中野たばこ商業協同組合創立総会を開き、中野区豊場町36番地に事務所を設ける。
昭和42年8月事務所所在地が現在の地番に変わる。
杉並たばこ商業協同組合

杉並たばこ商業協同組合

理事長 倉島 勝衛
所在地 杉並区荻窪
組合員 185名(H29. 4. 1 現在)
組合の沿革 昭和23年10月12日杉並煙草商業協同組合創立総会を開き、杉並区高円寺2-417に事務所を設ける。
昭和25年4月1日名称を「たばこ」と改称。
昭和26年12月杉並組合地域のうち杉並地区が小石川出張所の所轄から武蔵野出張所に移管となり、この機に中野地区が杉並組合から分かれて独立。
事務所3度移転ののち昭和30年5月現在地に移る。
青梅たばこ商業協同組合

青梅たばこ商業協同組合

理事長 小山 眞志
所在地 青梅市東青梅
組合員

86名(H29. 4. 1 現在)

組合の沿革 昭和23年9月21日に青梅たばこ商業協同組合創立総会を開き、西多摩郡青梅町勝沼66番地に事務所を設ける。
昭和37年11月事務所を公社青梅出張所内に移転。
昭和45年7月現在地に事務所を移す。